FC2ブログ
Another me~完全拘束に身を委ねて~

Another me~完全拘束に身を委ねて~

圧縮袋やラップでの完全拘束、呼吸制御と窒息、マミフィケーションなどのSM的嗜好を持つ二人のことを書き綴っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔以外をあっという間に巻き終えた彼は、
モノになった私を持ち上げ入り口近くに運んだ。

そこに立たすと、顔に被せていたビニール袋をとった。
もう、何が目の前にあるかなんてわかりきっていた。

みっともなく恥ずかしい「モノ」。



鏡にうつして、彼は私に自分の姿を再確認させようとしていた。
恥ずかしくて、見れなかった・・・

少しだけ視線を上げるだけで、恥ずかしい私が見える。
見てられなかった。


どうしても鏡をみようとしない私に彼は・・・


ストッキングを被せた。

嫌・・・恥ずかしい顔になる・・・いやぁ・・・
どんなに嫌がっても抵抗すらできない。


なにより恥ずかしいのは、そんなことに感じている自分。



部屋に戻されると、そのままベッドに横にされた。

布団で簀巻きにされたり、
ストッキングを被せられた顔の上にさらにラップを巻かれ、
とてもとても醜い顔にされたり・・・

そしてうつ伏せにひっくり返されると、逆海老反りの状態で、
足首と首輪を繋ぐ。

「哀希はどこを繋がれるのが好きだったっけ?」

そういって、首輪に繋ぐ縄の位置を、
口にかえたり目にかえたりしていた。

私は首がとても弱くて、首に繋がれると苦しいのに感じてしまってた。

そして「繋がれる」という行為にもとても弱い。

犬のように、首輪をリードで短く繋がれたり、
手足を繋がれて動きを制限されたり・・・

そんな行為にはしたなくも感じてしまうんだ。

このときつけていた首輪は幅の細い首輪。
犬用みたいに幅の広い首輪だったらよかったなぁなんて
わがままなことを思ったりもした。

繋がれて、首が締まることに感じている間もなく、
その縄は解かれ、また仰向けにされ、布団をかぶせられ、

「ちょうどいい抱き枕だ」と抱き枕にされた。

その瞬間、一瞬だけ私は「女」に戻ってどきっとした。

そんな自分がこんな格好になっても残っているんだと少し笑えた。



ラップの圧迫に体が悲鳴をあげはじめ、

彼もそれに気づいたのか、出してくれた。


でも、まだ終わりじゃなかった。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
テーマ : SM    ジャンル : アダルト
ベッドに座っていた私に後ろから彼は首輪を付けた。

だから・・・

表情が見えなかったことだけが救いだった。


ベッドの横に立たされ、服を脱がされる・・・

裸になることがとてつもなく恥ずかしい。
心臓がばくばくで頭がついていってなかった。

そして後ろ手にガムテープで固定される。

もうそれだけで、緊張とか羞恥心とか色々なものが混ざり合って
一人で経っていられない位だった。

手の自由を奪われた私に、スーパーの袋を被せる。
色つきだったからほとんどみえない・・・

これから私はどうなるの・・・?

壁を背中に立たされ、はずかしさにおかしくなりそうな私の耳に
マジックの蓋をあける音が聞こえた。

落書き・・・?
どうしよう・・・だめだよ・・・恥ずかしい・・・

そんな私の意思なんて関係なく、無情にもマジックは私の肌を滑り始めた。
なんて書かれてるのかわからない。
でも・・・肌をすべるマジックの先が羞恥心を煽る。
どんどん、日常から切り離されていくような気がした。

もう、この時点で泣いていた。
惨めで、そしてそんな惨めな思いをして感じている自分が恥ずかしくて・・・

「後で見せてやるからな。」
といいながら何やら大きく上半身全体に文字を書かれているようだった。

落書きをされていると、いつも・・・
もう書かないでと思う自分と、
体中に書いてと思う自分がいる。

そんな自分が本当に恥ずかしい。
恥ずかしくて情けない・・・

頭の中はもう羞恥心でいっぱいだった。
そんな中ついにラップが出てきた。

足から順に手早く巻いていく。
縄とはまた違う拘束感・・・

スイッチなんてものなかった。
会った時から私の脳はマゾヒストになってた。

こみあげてくるのは懐かしい感覚。
そしていつのまにか手首のテープを取られ、
気をつけの姿勢で、上半身も巻かれていった。

もう、私は自分の意思で何も出来ない「モノ」同然だった。



テーマ : ◇◆変態プレイ◇◆    ジャンル : アダルト
とても濃厚に感じられた。

あぁ私ってこういう変態だったんだ、と思い返した夜だった。


久しぶりの世界は、苦しくて苦しくて・・・でも明らかに悦んでいる私がいた。


彼と会うこと自体一年以上ぶりだったと思う。

仕事を終えて、ホテルの近くでごはんを食べる。
ごく普通のたわいもない話や仕事の話をしてホームセンターへ。

こういうことすら久しぶりでなんだかすごく恥ずかしかった。


彼は圧縮袋をご所望だったみたいだけど、
掃除機がないので断念してくれた。

私は圧縮袋が苦手。
決して嫌いじゃない。でも限界がすぐきてしまうから・・・
もったいない気がして。。

あとは掃除機の音が嫌い。
もっと静音だったらいいのに。

ホテルは思った以上に狭くて、
彼もびっくりしてた。と思ったら
「でも、まぁakiは寝る場所なんて関係ないしね。」と。

なんだか何もかもが久しぶりで、何もかもが新鮮というか懐かしくて、
そんな二人の時間を過ごせるのが嬉しいと思えた。

少しまったりした時間をすごして、シャワーを促される。

もうすぐ、私は・・・
そう思うと期待と不安でどきどきした。
誰かの支配下に、自分では何もできない世界へ行くという感覚は
もう忘れてしまったんじゃないかって思った。


お風呂をでると荷物が整理され部屋は綺麗に整えられていた。




「さぁ、久しぶりだね・・・」

彼の手には首輪が握られていた。

首輪なんて恥ずかしい・・・恥ずかしい恥ずかしい・・・
もう逃げたくなるくらい恥ずかしかった。

それなのに首輪が私の首につけられる瞬間、

あの懐かしい感覚が戻ってきた。
発情。
そのしるしの涙。

胸がキュンっとなるあの感覚。

そんな自分が恥ずかしくもあり、以前と同じく
私は大人しく俯くしかなかった。

もう、どうしたらいいのかわからなかった。
思考回路はいつもの半分以下の速度でしか回らなくなっていた・・・
テーマ : SM    ジャンル : アダルト

発情

Category: 徒然   Tags: ---
久し振りに自分を知っている人がみることのないここで書いてみると

のびのびできるもんだね。

過去の日記を読んでいたら、あぁなんて赤裸々。

でも、ここではこれでいいんだ。

やっぱり

「お仕置き」という言葉にはキュンってなるし

「全頭マスク」や「拘束具」にはどきどきするし

「落書き」という響きにもどきっとする


そういうところから今は随分はなれて生活しているけれど

そんなに簡単には変わらないようで、自分の日記を読んでいて発情する始末。。orz


一晩中羞恥にまみれて、屈辱に涙を流しながら、堕ちていきたい。


人形のように、されるがままになって私の意思なんて届かない世界へ堕ちてしまいたい。


だけど、そんな辱めに、今の私が耐えられるんだろうか。

痛みなんかよりもずっと耐えがたいもののように思う。


だけどそのときがきたら、結局は私の意思なんてどこにもないままの夜を
過ごすことになるんだろう。


いつもどこかに存在する醒めた目を持った私が

どこかへ消え去ってしまうくらい 追い詰められたい。

私が私じゃなくなれば


それが本来の私なのかもしれない




テーマ : M女のつぶやき    ジャンル : アダルト

恐怖心

Category: 徒然   Tags: ---
したいのかしたくないのか最近よくわからない。


最近はSMといえば、緊縛とか吊りとか鞭とか、そんなものばかりで、

もちろんそれもSMには違いなくて、悦んでいるのは明らかなんだけど

もっとこう深みにはまりたいと思ったりする。

どろどろでぐちゃぐちゃのSMがしたい。

からっぽになるくらい泣きたい



SMがしたいなんて口にだすのはやっぱりいやで、

それにSMができれば誰でもいいわけじゃないし、

そうなるとやっぱりなかなかできないのが現実。


でもね、もう2年くらい二人っきりの世界でのSMなんてしてない。
SMバーに出入りして吊られたり鞭うたれたりするくらい。

やっていることはハードだけど精神的にハードじゃないから

「くらい」なんて語尾になるんだろう。

とても濃厚なSMがしたいと思う。

その一方でそんなSMに耐えられるのか自信がない。



「恐怖心」とか「不安」とかそんなものが渦巻いている。

吊りも鞭も、言ってしまえば体が耐えることができればなんとかなるものだ。

でも羞恥や屈辱というものに、耐えられるんだろうか。

この2年で、ずいぶんプライドが高くなったようなきがする。

随分殻をまとってしまったような気がする。



彼に会ったら私は昔の私に戻るんだろうか。

あの頃のようにみっともない恥ずかしい私を見せる事ができるんだろうか。




やっぱり私はSMがしたいんだろう。
Mの自分を実感したいんだろう。

ただ、そんな自分を見つめるのが怖いだけ。


テーマ : M女のつぶやき    ジャンル : アダルト
プロフィール

哀希-aki-

  • Author:哀希-aki-
  • 関西在住のM女です。幼少時代からマゾの素質があったんじゃないかと思う。
    色んなSM経験を経て、今は【完全拘束】という呼吸すら委ねる世界が一番気に入っています。
Twitter
 
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
RANKING
ブログランキング参加しています。
e_01.gif
 
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
13737位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
575位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。